住民票の移動手続きと代理手続きの注意点

住民票移動手続きと代理手続きの注意点とは?

引越し,引越し手続き,住民票の移動,代理人,注意点,

住民票手続きと代理手続きの注意点とは!?

 

住民票の移動

 

引越し手続きの中でも一番重要な住民票の移動について解説します。.

 

住民票は文字どおり引越しをした先の市区町村に住民登録手続きをしなければいけません、住民票の登録は14日以内に行わないと、5万円以下の過料に課される場合もあります。そのため、引越しをした際は必ず住民票の移動をしましょう。

 

住民票の移動は同一市区町村内の移動か、他の市区町村へ移動するのかによって手続きが変わります。

 

同一市区町村内の住民票の移動

 

同一市区町村内で引越しをした場合は、転居届を引越しをする役所に提出する事で手続きは完了します。比較的簡単に手続きできるので、引越しをした後、14日以内に住民票の移動を完了しましょう。

 

今、住んでいる市区町村とは違う市区町村への住民票の移動

 

他の市区町村への住民票の移動手続きは以下の通りです。

 

最初に・・・

今、あなたが住んでいる市区町村へ転居届を提出し、転出証明書を取得する。14日間の期間内に引越し先の市区町村に転入する。

 

次に・・・

転出証明書を持って、引越し先の市区町村に転入手続きを完了し、転入する。

 

住民票の移動、転入に必要なもの

 

本人確認書類 運転免許、パスポート等
国民健康保険証等
印鑑
転出証明書
その他個別に高齢者医療受給証や乳幼児医療証など

 

印鑑登録も同時に手続きする場合

 

印鑑登録希望の印鑑

 

まとめ

 

引越し後、貴重な時間を使っての役所の手続きのため、事前に役所に最終確認を取ってから向かいましょう。また、代理人が手続きする場合は委任者の押印済みの委任状、代理人の本人確認書類、代理人の印鑑が必要になります。

 

代理人手続きの注意点

 

代理人が住民票の移動はできますが、印鑑登録し印鑑登録証明書は即時発行できません。転送不要郵送にて本人確認の郵送続きが必要なため、1週間以上時間がかかる事もあり注意が必要です。

 

引越し料金が一番安い業者を見つける方法

 

こちらのサイトを利用すれば、複数の引越し業者の引越し料金が比較できるだけではなく、「最安値」を保証してくれるので、万が一他のサイトの見積もりであなたの探した引越し業者の料金よりも安い見積もりがあった場合なんと、その差額を返金してくれるのです。

 

あまりにも出来過ぎた話なので、「ほんとに返金?」と思うかもしれませんが、まずはこちらのサイトをチェックして、無料引越しの一括見積を活用してください。

 

「引越し達人セレクト」見積もり

 

 

この引越し達人にはサイトの目玉である「引越し見積もりの最安保証」だけではなく、新生活応援として13万円相当の特典もあり、さらに「引越し交渉術ガイド」までもらえます。

 

入れ替わが激しい引越し業界で信頼を集め、15周年を迎えた老舗サイトでもあります。
ネットで24時間、無料で見積もりを受け付けていますので、忙しいあなたにも最適です。最大で引越し料金をなんと55%ダウンにすることも可能です。

 

引越し料金が一番安い業者を見つけるには、こちらのサイトを活用ください。大手引越し業者から地域密着型の引越し業者まで幅広い業者から、引越し料金最安値を見つけましょう。

 

1分で登録完了。今すぐ引越し料金が一番安い業者を見つけに行く
 ↓ ↓ ↓
≫≫「引越し達人セレクト」見積もり

 

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ
にほんブログ村

 


引越作業ランキング

 

引越し料金が一番安い業者を見つける方法 トップページへ

 

 



 
トップページ 引越し準備編 引越し口コミ 引越しプラン比較 引越しQ&A 引越し手続き