引越し業者へのお礼はいる?いらない?

引越し業者へのお礼はいる?いらない?

引越し,引越し業者,引越しお礼,心付け,

引越し業者へのお礼はいる?いらない!?

 

引越しをする際に引越し業者へのお礼はいるのか?いらないのか?素朴な疑問にお答えします。

 

日本には欧米のようにチップの習慣がないと言われていますが、実は日本にも昔から「心づけ」と言われる文化があります。

 

何かして貰ったお礼、これから何かをしてもらうためのお礼の証に「心付け」として小さな封筒に金銭を渡す習慣です。中身は状況によって変わりますが3,000円〜1万円程度です。今では少くなってきたとはいえ、まだまだ根強く残っています。心付けの風習がある業界としてはお葬式の時のお寺や、結婚式、神社、バスの運転手、旅館の仲居さん、病院の医師、看護師に対して多いようです。

 

引越し業界の心付け

 

では引越し業界はどうでしょうか。最近は引越し業者によって対応が違うようです。

 

やはり大手の引越し業者では会社として、「心づけ」の受け取りを禁止しているところもあるぐらいです。特に最近は心付けが「お金」そのものであるとスタッフ間のトラブルの原因にもなりかねませんので、私の経験からスタッフ皆さんで分けられる「モノ」を主に引越し当日の心付け「お礼」として渡しています。受け取ってくれる業者もありますが、会社で禁止されているので、丁寧に断られることもあります。

 

心付けの相場は?

 

もしお金を心付けとして渡す場合の相場としては私の経験上では当日の作業スタッフの人数によりますが、1人あたり500円〜1000円程度を渡したことがあります。

 

おすすめのお礼の品は?

 

引越しの場合お礼(心付け)はお金ではなく、「もの」がおすすめです。お礼つぃて渡す品物はどのようなものでしょうか?

 

夏場 暑い時期であれば冷たい500mlのペットボトルのお茶やスポーツドリンク。
    ミンティアなどのタブレットのお菓子

 

冬場 寒い時期はホットのボトルコーヒーとチョコレートなどのお菓子

 

このようなコンビニで買える商品が喜ばれます。

 

お礼を渡すタイミング

 

また、お礼の品は渡すタイミングが難しいです。すべての作業が終わってから渡すと思っている方も多いと思いますが、個人的な考えとして、引越しの場合などは作業が終わったあとのお礼というよりは、一番最初に当日の引越し社業の責任者に「お礼」を渡すのであれば渡した方がお互いにとって良いと思います。「心付け」はあくまで気持ちなので、渡さなくてもよいものですが、より当日引越しスタッフさんが気持ち良く働いてくれる為に、「モノ」を渡す程度が一番良いのかもしれません。

 

引越し料金の比較をするなら

 

「確実に引越し料金が一番安い業者を見つける」方法があります。

 

それは引越し見積もりで「最安値保証」がある引越し見積もりサイトがあるのです。こちらのサイトを利用すれば、複数の引越し業者の引越し料金が比較できるだけではなく、「最安値」を保証してくれるので、万が一他のサイトの見積もりであなたの探した引越し業者の料金よりも安い見積もりがあった場合なんと、その差額を返金してくれるのです。

 

あまりにも出来過ぎた話なので、「ほんとに返金?」と思うかもしれませんが、まずはこちらのサイトをチェックして、無料引越しの一括見積を活用して見てください。

 

「引越し達人セレクト」見積もり

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ
にほんブログ村

 


引越作業ランキング

 

引越し料金が一番安い業者を見つける方法 トップページへ



 
トップページ 引越し準備編 引越し口コミ 引越しプラン比較 引越しQ&A 引越し手続き