引越し祝いの気になる金額の相場はいくら?

引越し祝いの気になる金額の相場はいくら?

引越し祝い,金額,相場いくら,

引越し祝いの気になる金額の相場はいくら!?

 

友人や知人、お世話になっている人などが引越しをした際には、お祝いをすることになりますが、

 

そう頻繁にあることでないということもあり、いざ引越し祝いを贈るとなれば、何を贈れば良いのか?

 

いくら程度が適しているのかで悩むことになるのではないでしょうか。..

 

一般的な相場

 

引越し祝いの金額は、相手との関係性や自分の社会的立場などにより、金額や贈るべきものには違いがあります。

 

まず、引越祝いの金額としては兄弟や親戚など、相手との関係が深い場合には10,000円〜30,000円程度が一般的な相場となっています。

 

友人や職場関係の人の引越祝いの金額は5,000円から10,000円程度です。

 

 

引越し時には何かと物入りで出費も多いタイミングということもあり、現金を包もうと考える人もチラホラ聞きますが、

 

目上の人に現金を渡すのは失礼に当たるということもあり、マナーに厳しい相手の場合には不愉快な思いをさせて

 

しまうこともあるので気をつけなくてはなりません。

 

引越祝いは何を渡す?

 

商品券ならば現金よりも生々しさは軽減されますが、金額がはっきりわかることに変わりはなく、マナー違反な贈り物を

 

されたと捉える人もいるので気をつけましょう。

 

また、引越祝い金額に関しては、地域による相場の違いがあるのはもちろんのこと、何を贈るのかしきたりとして暗黙の

 

了解があるケースもあるのでよく調べておく必要があります。

 

良かれと考えて高額なものを贈ったり、高額を包むという人もいますが、あまりに高額になってしまうと祝いを受け取った

 

相手が、お返しに何をしたら良いのかで悩んだりと、負担が大きくなってしまうこともあるので引越し祝いの金額には

 

十分気をつけるようにしましょう。

 

みんなでお祝い!?

 

友人や職場関係の人に贈る場合には、複数人でお金を出し合って一つのものを贈るという方法もあります。

 

それならば、一人の負担が少なくても比較的良いものを購入することができるというメリットがあるのはもちろんのこと、

 

受け取った人もお返しで一人ひとりへの金額も安く済ませることができるので、負担を減らすことができます。

 

中には、現金と品物を両方プレゼントとして贈るというケースもあり、珍しいことではありませんが、その際にも

 

トータルの金額は相場よりも安すぎたり高くなりすぎないように気をつけなくてはなりません。

 

まとめ

 

つまり、引越し祝いを贈るということは、相手は後々そのお返しをしなくてはならないということであり、お返しを

 

するときの相手のことも考えるようにし、恐縮させたり気を使わせすぎない金額になるように注意しておく必要があります。

 

上記の相場を参考にしてください。

 

引越し料金が一番安い業者を見つける方法

 

こちらのサイトを利用すれば、複数の引越し業者の引越し料金が比較できるだけではなく、「最安値」を保証してくれるので、万が一他のサイトの見積もりであなたの探した引越し業者の料金よりも安い見積もりがあった場合なんと、その差額を返金してくれるのです。

 

あまりにも出来過ぎた話なので、「ほんとに返金?」と思うかもしれませんが、まずはこちらのサイトをチェックして、無料引越しの一括見積を活用してください。

 

「引越し達人セレクト」見積もり

 

 

この引越し達人にはサイトの目玉である「引越し見積もりの最安保証」だけではなく、新生活応援として13万円相当の特典もあり、さらに「引越し交渉術ガイド」までもらえます。

 

入れ替わが激しい引越し業界で信頼を集め、15周年を迎えた老舗サイトでもあります。
ネットで24時間、無料で見積もりを受け付けていますので、忙しいあなたにも最適です。最大で引越し料金をなんと55%ダウンにすることも可能です。

 

引越し料金が一番安い業者を見つけるには、こちらのサイトを活用ください。大手引越し業者から地域密着型の引越し業者まで幅広い業者から、引越し料金最安値を見つけましょう。

 

1分で登録完了。今すぐ引越し料金が一番安い業者を見つけに行く
 ↓ ↓ ↓
≫≫「引越し達人セレクト」見積もり

 

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ
にほんブログ村

 


引越作業ランキング

 

引越し料金が一番安い業者を見つける方法 トップページへ



 
トップページ 引越し準備編 引越し口コミ 引越しプラン比較 引越しQ&A 引越し手続き