引越しでやってしまった3つの失敗例

引越しでやってしまった3つの失敗例

引越し料金,

引越しでやってしまった3つの失敗例!

 

引越しをする時にはぬかりなく準備を整えようと大分前から計画をする人もいますし、直前になってから動き始める人もいます。初めて引越しをする場合には、よくある失敗例を覚えておくと気をつけながら進めることができます。以下は、比較的よく見られる3つの失敗例です。

 

荷物がどこにいったか分からなくなる

もっともよくあるのは、荷物がどこにいったか分からなくなることです。
注意して荷造りをしたつもりでいても、実際に引越しをすると分からなくなってしまうことが多いようです。誰でも大まかに、キッチン用品・小物・寝室・衣類などと分けてダンボールに詰めますが、それだけでは細かく把握することができません。荷物が分からなくなると、引越し用の挨拶にと購入しておいた品までどこかにいってしまうこともありますので、すぐに使うものは別にしておいた方が良さそうです。また、家具に付属する部品類は別に梱包せずにその家具と一緒にしておくことで分かりやすくなります。

 

荷物が破損してしまうケース

2つ目は、これもよく起こってしまうのですが荷物が破損してしまうケースもあります。特に破損しやすいのが食器類であり、つめ方が良くないと簡単に割れてしまいます。一つ一つ梱包材にくるんでいても、入れすぎると破損しやすくなるようです。逆に少なすぎて隙間が多い場合にも移動しやすくなって破損します。食器は基本的に同じくらいの大きさのものをまとめるようにして、食器同士がぶつからないようにつめることが大切です。

 

段取りに失敗

3つ目は、段取りに失敗もよくあります。引越しとなるとやらなければならないことが多く、リストアップしておかないと忘れてしまうことも出てきます。役所への届出や公共料金に関する手続きは大抵の人がきちんと行うのですが、PCのプロバイダーや携帯会社への手続きに関しては忘れてしまう人も多いようです。また、今まで住んでいた住所に届いた郵便物を新しい住所に転送してもらうための手続きも、郵便局で行っておく必要があります。この転送手続きを行えば、新しい住所に届いたものを見て何を忘れているのかを把握できます。

 

引越し料金が一番安い業者を見つける方法

 

こちらのサイトを利用すれば、複数の引越し業者の引越し料金が比較できるだけではなく、「最安値」を保証してくれるので、万が一他のサイトの見積もりであなたの探した引越し業者の料金よりも安い見積もりがあった場合なんと、その差額を返金してくれるのです。

 

あまりにも出来過ぎた話なので、「ほんとに返金?」と思うかもしれませんが、まずはこちらのサイトをチェックして、無料引越しの一括見積を活用してください。

 

「引越し達人セレクト」見積もり

 

 

この引越し達人にはサイトの目玉である「引越し見積もりの最安保証」だけではなく、新生活応援として13万円相当の特典もあり、さらに「引越し交渉術ガイド」までもらえます。

 

入れ替わが激しい引越し業界で信頼を集め、15周年を迎えた老舗サイトでもあります。
ネットで24時間、無料で見積もりを受け付けていますので、忙しいあなたにも最適です。最大で引越し料金をなんと55%ダウンにすることも可能です。

 

引越し料金が一番安い業者を見つけるには、こちらのサイトを活用ください。大手引越し業者から地域密着型の引越し業者まで幅広い業者から、引越し料金最安値を見つけましょう。

 

1分で登録完了。今すぐ引越し料金が一番安い業者を見つけに行く
 ↓ ↓ ↓
≫≫「引越し達人セレクト」見積もり

 

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ
にほんブログ村

 


引越作業ランキング

 

引越し料金が一番安い業者を見つける方法 トップページへ



 
トップページ 引越し準備編 引越し口コミ 引越しプラン比較 引越しQ&A 引越し手続き